和歌山大学 教育学部との高大連携による科学課題研究がスタートしました!

世界の天文台が公開している天体画像を利用して「近傍銀河の多色表面測光」をテーマとして和歌山信愛高校と和歌山大学教育学部(富田研究室)が高大連携により課題研究を実施します。

「近傍銀河の多色表面測光」の研究内容は、天文台が公開している複数の銀河の画像を解析処理し、解析した画像を同条件で色や形を比較することで、銀河の年齢や距離を推定するというものです。

さっそく、この研究をやってみたい!という高校2年生理系の生徒を対象に7月31日に和歌山大学 教育学部 富田晃彦先生を信愛にお招きして、講義を行いました。2学期から本格的に研究がスタートします!

2017年度 リケジョを育てよう!1  和歌山信愛 化学実験教室

和歌山信愛高等学校では、希望者を対象に化学実験教室を行っています。

今年度はじめての化学実験教室は、「実験の基本操作」というタイトルで硫酸銅(Ⅱ)の水溶液から一連の操作を経て、酸化銅(Ⅱ)をつくり取り出しました。

硫酸銅(Ⅱ)水溶液の色の変化を観察しながら、実験を通じて水溶液の調製やガスバーナーの使い方など、これから実験をしていく上で基本的な内容を習得しました。