日本天文学会2018年春季年会 第20回ジュニアセッションプログラムでポスター発表を行いました。

 

日本天文学会2018年春季年会 第20回ジュニアセッションプログラムでポスター発表を行いました。

3月14日~17日に千葉大学で開催された日本天文学会2018年春季年会 第20回 ジュニアセッションプログラムで和歌山信愛高校2年生の5名(内田芽芳、川野ひなた、福塚詩陽、前川瀬里菜、横谷愛美李)がポスター発表を行いました(演題:「天体画像アーカイブデータを活用した天体画像集の作成を目指して」)

M42オリオン星雲 解析前の画像

和歌山大学教育学部 富田晃彦先生のご指導のもと、約半年間にわたり天体画像の解析を行いその結果を発表しました。

M42オリオン星雲 解析後の画像

 

この研究は科学技術振興機構JSTの「中高生科学研究実践活動推進プログラム」から支援を受けて実施しています。