缶サット甲子園2018に初出場します!

この度、高校1年生と高校3年生の有志6名がチームを編成し缶サット甲子園に出場することになりました。和歌山信愛としては初出場します。

缶サット甲子園とは、高校生が自作した缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)をロケットで打上げ、自ら設定したミッション(模擬人工衛星の動作や働き)を遂行させるなかで、技術力・創造力を競う競技会です。生徒の皆さんが斬新でオリジナリティーのある缶サットを作り、「coolさ」を競うものです。

現在、パソコンでロケットの設計を行い、ロケットと搭載する缶サットを鋭意作製中です。

和歌山地方大会は7月8日(日)にコスモパーク加太で打上競技が行われます。見学無料で事前申し込み不要です。ご興味がある方は是非見学にお越しください。詳細は下記ホームページをご参照ください。和歌山信愛のファーストペンギン(パイオニア)たちへのご声援をよろしくお願い致します!!

缶サット甲子園2018 ホームページ

http://www.space-koshien.com/cansat/2018/top.html

 

信愛フェスタありがとうございました!

遅くなりましたが、5月12日、13日に行われました「信愛フェスタ」は今年も盛況に終わりました。参加してくださった皆さまありがとうございました。

(特に理科の授業は一番人気で、申込開始早々に満員となりました!ありがとうございました!)

理科の授業では「水中エレベーター」(浮沈子)をつくって、遊びながら、楽しくその仕組みを考えました。

また、クラブ体験のコーナーでも科学部にたくさん来ていただきました。

今年は科学部では皆さんに「理科クイズ」と「カルメ焼き」を体験をしてもらいました。

来年もまた面白い企画を考えたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね!