2019.3.22 高2Bでの実験

春休みの補習の時間を使って、実験を行いました。今日のテーマは電気分解です。塩化銅(II)水溶液、食塩水そして水酸化ナトリウム水溶液と3種類の溶液を使って電気分解を行いました。

電気分解だけではなく、水酸化ナトリウム水溶液の電気分解は専用のキットを使って行い、電気分解の後は、燃料電池として使い、電子オルゴールを使って弱々しい音を鳴らすこともできました。

実験の醍醐味は、実際の変化を目で見てわかるところです。今日の実験は色の変化、銅の析出、プールの臭い、さらには、電子オルゴールが鳴るなど、五感でわかることが多かったので、生徒たちも変化を楽しみながら、実験のレポートを書いていました。

春休みが終わったら、ついに高校3年生です。せっかく実験で身体を使って勉強した内容なので、追加で問題演習のプリントも出しておきましたが、信愛生は頑張ってくれるはず!!

 

 

 

2019.3.19 高2スライムづくり 

高校2年生のスポーツクラスで「スライム」づくりの実験をしました。

スライムが好きな人は多いですね!みなさんもスライムを作ったことがあるかもしれません。

「スライム」づくりには「洗たくのり」を使いますが、「洗たくのり」は「ポリビニルアルコール」という”合成高分子化合物”(ポリマーといいます)でできています。

「ポリビニルアルコール」が「ほう砂」に含まれる「ホウ酸ナトリウム」とつながるとあの「スライム」になります。

”合成高分子化合物”は高校の化学の教科書にくわしく書いてあります。

皆さんの大好きなスライムも化学の知識があるともっと面白く感じることができるかもしれませんね。

ところで「スライム」にお酢をかけるとどうなると思いますか?

(答えは次回のサイエンスラボで紹介しますね。)

 

科学部が研究発表会を行いました。

3月15日に科学部が自分たちの研究についての研究発表会を行いました。

科学部は5つのテーマに分かれて研究を行っています。発表会を通じてそれぞれのグループの研究についてお互いよく知ることができました。また多くの先生方が発表会に来ていただき生徒たちも励みになったようです。

4月からは新入部員も加わります。皆さんさらに研究を発展させてほしいと思います。

 

科学部がソフィティラで育てたレタスでチャーハンを作りました。

3月11日に科学部がソフィティラで育てたレタスでチャーハンを作りました!

(ソフィティラとは株式会社クラレが開発した植物栽培用の培地です。クラレと和歌山信愛の科学部が連携してソフィティラを用いた植物の培養研究を実施しています。)

最初はソフィティラでなかなか植物が育たたなくて苦労しましたが、科学部員たちの努力でやっと立派なレタスが収穫できました!

レタスはチャーハンにしてみんなでおいしくいただきました。

ごちそうさまでした!

2019.3.18 高2 アセチルサリチル酸のけん化反応

学年も終わりに近づいているので、普段は実施しにくい実験を行いました。

今日の内容は、アセチルサリチル酸をけん化し、その後弱酸の遊離を起こして、サリチル酸をつくりました。

その後、3価の鉄イオンが入った溶液をいれて、赤紫色になることを確認しました。

時間のかかった実験でしたが、無事にサリチル酸をつくることができたようです。

 

第6回 リケジョを育てよう! 化学実験教室

和歌山信愛では、希望者を対象に化学実験教室を開いています。

今回のテーマは「中和滴定」です。前回の第5回で作成した溶液を使って実験を行いました。

化学基礎でいえば、定番の実験で、センター試験をはじめ、多くの問題が出題されています。

しかし、多くの実験器具を使い、そして計算を使って濃度を求めるなど、実験における基本的なことを扱う本格的な実験です。

生徒たちは慎重に実験を行い、しっかりと中和滴定の計算ができました。

本年度における化学実験教室は終了となります。また来年も頑張りまーす。

 

2019.3.15.高2エステルの合成実験

学年末試験も終わり、今学年も終わりが近づいています。

ですが、まだ授業もあるので、今日は高2の理系クラスで有機化学の実験を行いました。

実験内容は安息香酸とメタノールを使った安息香酸メチルの合成です。

普段は黒板を使った座学が中心なので、生徒も活き活きと実験をしていました。

合成できたかは、匂いで確認しましたが、生徒からは「湿布薬の匂いみたい」ということでした。

*安息香酸メチルは湿布薬の成分ではありませんが、似たような匂いがしています。