科学部 サイエンスキャッスル2017 関西大会にてポスター発表をしました。

科学部が日頃の研究をサイエンスキャッスルでポスター発表しました。サイエンスキャッスルは研究者への登竜門ということで、今年は中学・高校の合計で3チームが発表をしました。他の学校の研究発表を聞いたり、ポスター発表を聞いただいた方から多くの質問をいただいて、いい刺激になったと思います。これからの研究に活かしていきたいと思います。

 

“Empowerment Program”の留学生と一緒に実験をしました。

和歌山信愛ホームページの「shin-ai English Compass」の中にも紹介されていますが、12月に信愛で“Empowerment Program”が実施されました。“Empowerment Program” に参加した海外の大学生と一緒に高校1年生が化学実験(中和滴定)を行いました。

濃度がわかっているシュウ酸(酸)と濃度不明の水酸化ナトリウム水溶液(アルカリ(塩基))を中和滴定することで、水酸化ナトリウム水溶液の濃度を計算で求めるという実験です。英語と日本語を交えながらの実験方法を説明を聞いた後、グループに分かれて実験をスタートしました。どのグループを上手く実験できていて、正確に濃度を求めることができました。

海外の大学生に話を聞くと、彼女たちも高校時代にはこの「中和滴定」の実験を行ったそうです。久しぶりに日本の高校生徒と一緒に実験を体験できて楽しかったみたいです。一緒に実験を行った信愛生たちもしっかり予習していて大学生ともコミュニケーションをとりながら協力して実験に取り組んでくれました。

 

東レ株式会社の新素材で実験をしました。

12月11日に中学1年A組の生徒を対象に化学企業の東レ株式会社から提供していただいた「中空糸膜」を用いてろ過の実験を行いました。

「中空糸膜」を使って絵の具が溶けた水をろ過すると、絵の具の色素がろ過されて無色透明の水溶液になりました!

このような「中空糸膜」を用いたろ過の技術は浄水場などで日本だけでなく世界中で利用されていることも学びました。

生徒たちは理科で学習することが実際にどのように社会で役立てられているかがよく理解できたようです。

この実験の実施にあたり東レ株式会社、株式会社リバネスの皆様にお世話になりました。ありがとうございました。

 

おもしろ科学祭り 多数のご訪問ありがとうございました!

11月11日、12日に和歌山大学で開催された「おもしろ科学祭り 和歌山大会」にて和歌山信愛科学部が「空気砲で遊ぼう!」のブースを出展しました。ペットボトルで空気砲を作ったり、段ボール空気砲の体験などのプログラムを行いました。大盛況で2日間で250名以上の皆さんにお越しいただきました!本当にありがとうございました!!(ペットボトルがなくなってしまい、ペットボトル空気砲が体験できなかった皆さん、大変申し訳ございませんでした。ペットボトル空気砲のつくり方はガイドブックに記載しています。お家でも作れますのでぜひチャレンジしてみてください。)

おもしろ科学まつり 和歌山大会に出展します!

11月11日(土)12日(日)に和歌山大学で開催される「おもしろ科学まつり 和歌山大会」に、和歌山信愛中学校・高等学校 科学部が「空気砲で遊ぼう!」で出展します。

両日出展しますが、時間が下記の通りになっていますのでご注意ください。

11日(土)13:30~16:00

12日(日)10:00~14:00

「おもしろ科学まつり 和歌山大会」の詳細は下記HPをご覧ください。

http://www.kagaku-wakayama.com/omoshiro2017/

両日先着50名様(中学生以下の女子)に和歌山信愛オリジナルクリアファイル差し上げます。

是非遊びに来てくださいね!

集まれ!理系女子 第9回女子生徒による科学研究発表交流会で発表を行いました

10月28日に学習院大学 目白キャンパスで開催された「集まれ!理系女子第9回女子生徒による科学研究発表会で3題の研究発表を行いました。

「ビタミンCの含有量について」高校2年生 岡本初音

「メントール剤(ハッカ水)のよる冷却効果の検討」高校2年生 吉川ひな

「強いぞ!シャボン玉!」高校2年生 植 彩華、中澤優響渚

また本校卒業生の大阪府立大学生命環境科学研究科 田仲礼奈さんによる「2D HPLCを用いたグルコシルセラミド分子種分析」の研究発表もありました。

他校の理系女子との交流、卒業生のリケジョの先輩との交流は参加した生徒にとって貴重な体験になったようです。

なお本研究交流会の参加につきましては、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「中高生の科学研究活動実践推進プログラム」より支援を頂きました。この場をかりて御礼申し上げます。

ロケットガール養成講座発表会を実施しました

10月27日(金)和歌山大学と本校の高大連携による「ロケットガール養成講座」に参加した高校2年生が本校で発表会を行いました。

ロケットガール養成講座は高校生が全長約1.5mのハイブリットロケットの設計から製作、打ち上げまで和歌山大学の先生や学生の方々のサポートのもとで自らの手で実現するというプログラムです。現在、高校生が大学と連携してハイブリットロケットの作成、打ち上げを体験できる唯一の高校が和歌山信愛だと思います。

高校2年生の発表は、作成したロケットについて工夫した点や失敗した原因についての考察、チームで協力してプロジェクトを実施する苦労やその大切さが聴衆に伝わる内容でした。最後に、ロケットガール養成講座を毎年指導して頂いている、和歌山大学 クロスカル教育機構(教養・協働教育部門)秋山演亮 教授より講評を頂きました。

今年も12月から本校の高校1年生を対象にロケットガール養成講座を実施し、3月コスモパーク加太での打ち上げを目指します。

高校1年生の信愛生のみなさん!あなたも「ロケットガール」になりませんか!(近日中に募集案内予定です)