長崎研修最終日

最終日になりました。神戸はものすごく良いお天気で、気持ちよく目覚めました。

研修中、皆で共にする食事もこのフェリー内でいただく朝食で終了。

下船後、解団式を行いました。この研修で学んだこと(平和、キリスト教文化、他者への気遣い、ルールの遵守)について今後の生活や学習に生かして行こう、と学年主任の遠藤先生からお話がありました。

和歌山へ向けて出発。

好天に恵まれ、大きなトラブルもなく、無事帰って来られたのは、様々な場所で関わってくださった多くの方々の配慮のおかげです。本当に感謝です。特に四日間お世話になった旅行社の添乗員さんがた、ありがとうございました。

では、皆さん、しっかり身体を休めて、また期末テストに向けて頑張っていきましょう!

長崎研修3日目

3日目は、平戸のキリスト教文化遺産群を徒歩で見学。途中のフランシスコ・ザビエル記念教会の御聖堂では、全員で「あめのきさき」をささげました。

平戸地方の景色を360度パノラマで見ることのできる川内峠で絶景を堪能。感動に思わずジャンプ!

平戸大橋を渡り、いよいよ帰路に。これから門司港へ向かってバスは走ります。

予定通り夕刻新門司港に到着。旅のお手伝いをしてくださった長崎県営交通のドライバーさん、ガイドさんがたにお礼を述べて、フェリーに乗り込みます。

全員無事乗船。明日の起床時間ごろには明石海峡大橋を通過予定です。

長崎研修2日目②

午後は市内自主研修。

一番人気はやはりここ、中華街。

二番人気は、眼鏡橋。

その次が、江戸時代に唯一外国と交易していた場所、出島。長崎港に停泊中の超大型豪華客船でやって来た人たちと一緒にパシャリ。

お土産選びが実は大変。予算の範囲内でいかに良い買い物をするか、これも大切な研修。

無事今日の宿泊先、平戸のホテルへ到着。食前の祈りを全員で唱えられたことを感謝、です。

長崎研修2日目①

2日目スタート。今日も少し蒸し暑いですが、好天です。

国立の施設なので朝の集いがあり、ラジオ体操で身体を目覚めさせました。

使った後は、来る前よりも綺麗にするのが信愛生の流儀。

先ず、二十六聖人記念館へ。校長先生から教えていただいた三尺牢などを目の当たりして当時のキリシタンたちの過酷な境遇を実感。

その後、大浦天主堂方面へ

グラバー園では仲良く記念撮影。

今日はそれぞれ思い思いの昼食です。ちなみに私は、

②では班別自主研修の様子を中心に報告します。

中2 長崎研修1日目

事前学習を重ねてきた長崎研修旅行の本番が本日スタートしました。

和歌山駅からくろしおに乗り新大阪で博多行きの新幹線に乗り換え。

梅雨入りで心配していた天候もバッチリ。
予定より少し早めに浦上天主堂に到着しました。

御聖堂では皆でお祈りし、聖歌を歌いました。

平和公園では原爆の犠牲になった方々を追悼するとともにテロや戦争のない世の中になるようにと黙祷しました。

原爆資料館に展示されていた原子爆弾に皆興味津々。

1日目のプログラムを全て終え、宿舎の諫早青少年自然の家に全員無事到着。

ゆっくり休んで、明日の自主研修に備えたいと思います。