カナダA班最終日

今日で楽しかった修学旅行も終わり、いよいよ帰国します。

トロント国際空港にて。
トロント・ナイアガラのガイドさんともハイタッチでサヨウナラ〜!

行きより1時間多い、約13時間のフライトでトロント空港→羽田空港へ。
その後、国内線で移動し、無事関西空港へ到着しました。
お疲れ様でした。

最後に関西空港にて解散式の様子です。

迎えに来て下さった先生方はじめ、保護者の皆様方、
大変ありがとうございました。

以上でカナダA班のライブレポートを終了します。

カナダA班5日目

A班5日目はナイアガラday!!丸一日ナイアガラを堪能しちゃいます。

まずは最終日ということで、爽やかに行きましょ〜!

ナイアガラクルーズに乗船し、「ものすごく近く」からナイアガラの滝を鑑賞します。
そのとき捉えた一瞬の奇跡!!

事前に、「ナイアガラクルーズは、どれくらい濡れるんですか?」と聞いたところ、
U○Jのアトラクションほどは濡れない、とのこと。
その言葉を信じて実際乗船してみると…

もうビショビショです!!!!!風が強いこともあったんですが、
私はカッパを着てても左半身がずぶ濡れになりました!これはもうU◯Jなんて目じゃないぜ!
本物にしか出せない迫力はすごかったです!

その後花時計前にて記念撮影。

天候もよく、非常にほっこりした空間をみんな堪能していました。

その後ナイアガラ・オン・ザ・レイクに立ち寄り自由行動&ショッピングタイム。

こぢんまりしたカワイイ街に魅力がいっぱいつまっていました。

非常に充実したカナダ5日間でした。
明日、カナダを発って帰国します。

カナダA班4日目

A班の修学旅行は後半に向かいます。

今日は飛行機のスケジュールの関係で、
早朝4:30起き、5:30出発というハードスケジュールでした。
それにも関わらず、見てくださいこの様子!?とても5時台とは思えません。

さて午前中、空路でモントリオールから、カナダ最大の都市である
トロントへ向かいます。

トロントでの昼食はなんと中華料理!久々に味わうアジアのテイストは
どこか懐かしく、少しホッとさせてくれました。

昼食後、カナダで唯一のメジャーリーグ球団、トロントブルージェイズの
本拠地である、ロジャースセンターへ向かいます。
ここでは、スタジアムに入れるだけではなく、グラウンドに立つことができました。
ついにメジャーデビュー、緊張の面持ちの信愛生たち!

1号車のバスのメンバーです。全員ベンチウォーマーとして
しっかりと存在感を示してくれました(^o^)

アメリカのスタジアムは、カナダよりセキュリティが厳しいそうで、
このようにグラウンドまで立ち入れるスタジアムは珍しいそうです。

明日最終日はあのナイアガラ滝を堪能して帰国したいと思います。

カナダA班3日目

カナダ3日目は主にケベックシティの散策です。

まずケベック州議事堂前にある、トゥルニーの噴水前で
全員で記念撮影ができました。

旅行3日目にもなると、カナダに慣れてきたのか、皆のテンションもますますハイに。
すれ違う大勢の方に手を降りHello!,Bonjour!(ケベックの公用語はフランス語)と
愛想を振りまいていました。

その後、少し移動してサンタンヌ・ド・ボープレへ。
ここは2日目に訪れた聖ジョセフ大聖堂、ノートルダム・ド・キャップと並んで
カトリックの北米三大巡礼地とされています。
なんとわずか2日で三大巡礼地を制覇した信愛生たち。ポーズを決めて大喜びしています。

その後お洒落なテラス席のあるレストランでお昼をいただき、
午後のプログラムへ。

しかし、ここで天気予報通りの大雨により、一時足止め。
みんなで建物の軒先を借りてひと休み…

幸いすぐに雨は止みましたが、カナダの変わりやすい天候を身をもって体験できたことも
旅の醍醐味と言えるでしょう。

最後にプチシャンプラン通りでお買い物。
ここには女の子の好きそうなカワイイ店が多く軒を連ねていて、生徒たちはもう興味深々!!

2時間の自由時間の後、皆たくさんのお土産を抱えて今日一日を終えました。

明日はなんと早朝4:30に起きて、モントリオールからトロントへ空路で戻ります。

カナダA班2日目

今日から本格的な観光の始まりです。
主にモントリオール市内を散策します。

まず、最初に訪れたのは聖ジョゼフ大聖堂。
気持ちいい日差しと爽やかな青空の下、元気にはいポーズ!

続いて、今日のメインであるノートルダム大聖堂。
聖堂の中に入る前から、周囲の異国情緒溢れる雰囲気に圧倒され
みんな自然にカメラを向けてしまいます。

大聖堂の中に入ると、厳かな雰囲気の中、美しい青を基調とした素晴らしい大聖堂を
見学することができました。ラッキーなことに今日は珍しく空いていたようです。

また、本年度高校2年生は「女性の社会進出における諸問題について」
というSGH活動テーマに取り組んでいます。
その活動の一つとして修学旅行中に、
働いている海外の女性の方にインタビューする機会を設けています。

今日の昼食時が記念すべき第1回目のインタビューでした。
生徒は緊張しつつも、なんとか上手くコミュニケーションできているようでした。

この後、モントリオールからトロワ・リヴィエールを経由し、
次の目的地であるケベックシティにバスで向かいました。
地図で見ると近いのにその距離約250キロ!!
カナダという国の大きさを実感できました。

カナダA班1日目

カナダA班1日目は1万キロ以上の大移動です。

まず、学校から伊丹空港へ向かい、
大阪(伊丹)→東京(羽田)→トロント→モントリオール、と
飛行機を計3回乗り継いで向かいます。

羽田空港です。今からこの飛行機に乗り込みます。
カナダメープルが旅の気持ちを盛り上げてくれます。

いよいよ搭乗。いってきま〜〜す!!

約12時間のフライトで、無事トロント空港へ到着しました。
この時、現地時間は17:00(なのにとっても明るい!)で
日本との時差は13時間です。気温は約23度でした。

この後、カナダ国内線に乗り継いで、
夜21時にモントリオールのホテルへ到着しました。
長時間のフライトお疲れ様でした。明日に備えて今日はぐっすり休みましょう。